F・ケッピィ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

F・ケッピィは、ホミアの錬金術師、学術府長官である。カンゼビラ出身であり、いわゆる異邦の賢者の一人である。P・セーニャリヨー・トスロプイユータ・サルマンと並び、四巨頭と称され、ホミアの黄金期を築いた。

概要

父はカンゼビラの大物であり、ケッピィは人形使いにしようと考えていたものの、ケッピィ自身は全く興味がなかった。父親にバレないよう母方の旧姓である名であるFを名義に使用し、14歳頃に錬金術師としてキャリアを歩みはじめる。

P・セーニャリヨー・トスロプイユータ・サルマンと並び、四巨頭と称されるが、その中でも先陣を切って活躍を始めた。

確実性を優先させる人物として錬金術師として、政治家として堅実な実績を上げた。また、その堅実さから実業家としても成功した。

また、その堅実な姿勢とは対照的に、大変なプレイボーイとして知られ、多くの逸話がある。世界各地に恋人が多数いた。複数の女性との間に子供をもうけ、誰が正妻なのか裁判になったこともある。