C・イール

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

C・イールとは、カーサ共和国の軍人、政治家。カーサの黎明期、また建国期においては、カーズ・ミューラーと並び大きな役割を果たした偉人。また、出身がカンゼビラの異邦人でもある。

概要

精霊石のメッカ、カンゼビラ出身である。当時から才能に恵まれていたが、若くしてカーサに移住することになる。この際は母親から猛反対を受けた。

カーサ移住後は精霊石の伝道師的役割を果たし、カーサの国家建設の礎を築く役割を果たし、建国前のカーサにおいて実質最大の影響力を持つ人物となっていた。

建国後もカーズ・ミューラーと並び共和国の重鎮として多大なを影響力を誇り、多くの功績を成した。カーサの国父に一人として多大な尊敬を集めている。

また。カーサの伸長にも役割を果たし、最高司令官としてローノシン大戦の初期におけるカーサの躍進の中心的な役割を果たした。