魔女(グルヴェイグ)

提供: rain-tree
移動先: 案内検索
グルヴェイグ
世界 グルヴェイグ
ジャンル ファンタジー
ルール トーク: グルヴェイグを参照
Tatudon
魔女の姉妹関係

魔女(グルヴェイグ)とは、 グルヴェイグの種族である。

概要

惑星グルヴェイグにおける「元人間の魔物」の中で最大個体数の魔物である。その大半は女性であり、魔力を黒のマントやドレス、三角帽子の形で蓄積し、魔法を運用する。

外見

その多くは変化時に生成され始めた魔力で生成される衣装をまとう。総じて年齢を問わず、魔力の影響で身体能力に近い時期の姿となる。

生態

大半は人間の文明圏にて生活しており、大半の国家にて人間度同様の権利が保障され、その多くは魔法やその産物を提供し金銭を得て生活する。また、肉体維持やエネルギーのほかに魔力や変化にまつわることを行うため、三大欲求は人間に比して強く、多くの魔女は享楽的な生活を好む。 また、魔女の多くは自らを変化させた魔女を「お姉様」と呼び、自らの手で変化させた魔女を「妹魔女」と呼び、魔女の世界では「妹魔女」は娘として、配偶者として最大限の寵愛をもって高い魔力と魔法の技術を持つ存在に育て上げるのがあるべき姿とされており、両者は強い愛着で結びつく。また、多くの国家では魔女の姉妹関係を結婚と同義とみなし、各種公共サービスを与えている。

変化

現状、この魔物が新個体を生み出すためには、人間にマントを介してその表面から魔力を注ぎ込み、変化させることが唯一の方法である。

関連項目