静かなる休日

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

静かなる休日は、ローノシン大陸で活躍した召喚士の組織、団体である。数多くの高位の召喚をなし、ローノシン大陸を席巻した。大陸史上最高の召喚士組織である。

概要

ローノシン大陸史上最高の召喚士の一派として知られ、大陸中を席巻し、また後代にも極めて多大な影響を与えた。 組織の代表ブム・ホウは大陸史上最高の召喚士と称されることが多い。

ローノシン大戦前夜に登場し、大戦において一大勢力として猛威を振るい、戦局を左右した。静かなる休日が加担した反ノヴァールは当初大戦を優位に進めることとなった。ノヴァール側は召喚士組織、「歌の家」が決死で召喚した終末の覇王オー・ロペア・ティムが登場するまで防戦一方であった。

大戦以降も高位な召喚を行い、史上最高の幻獣深淵の怪竜インディクトを召喚するなどした。

主な召喚