第二次ベール朝

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

第二次ベール朝とは、メラレムの王朝である。ベール朝の再興を目指すイアンフォによって建国された。この帝国の誕生と支配によって、メラレムにおけるベール系の正統性が確立されたとされる。400年もの長きにわたって続いた。帝都はヤン

概要

ルーリクの直系の子孫であったイアンフォによって建国された。テツバは、家祖であるルリークが大帝国を支えながらも、悲劇的な最期を迎え帝国が瓦解しベール系の支配がおわってしまったことに若くから強い思いを抱いており、結果メラレム統一を志向するようになっていた。彼はルーリクの子孫であったものの、先人たちと同じように大王ベールの末裔であることを強く強調することでより求心力を得た。

以降は優秀な人物に恵まれ、400年もの長きにわたる王朝を築き、メラレムの国家意識に多大な影響を与えた。

人物