百煙幻灯何

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

『百煙幻灯何』(はくえんげんとうか)とはシャーナン・バアリという女性が、異界に迷い込んだ体験を綴った紀行文という形式で書かれた、物語文学。その異質な内容や、巻が散逸していたこともあり、長らく知られざる物語であったが、近代以降は研究が進んでいる。

概要

語り手であるシャーナン・バアリが、炎天という異界に迷い込み、そこで体験した出来事や、聞いた事柄を紀行文として綴っている。物語の冒頭で「これに語ることすべていつわらざる。まことにすべて見し、聞きし、語られしことであるなり」(原文ママ)と記述されているが、あくまで創作であると考えられている。語り手であり、著者ともされるシャーナン・バアリにも謎が多く、その実在にも疑問が持たれている。

内容

紀行文であるが、一方バアリが聞いたとされる異界『炎天』の社会、環境、歴史について詳細に書かれており、歴史物語の様相も呈している。また、人物中心につづられており、炎天の歴史人物の生涯、概要を記しつつバアリが評するという独特の形式もとっている。