理武

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

理武とは、依名地方に存在する都市である。六顕と並ぶ宗教都市として知られている。

概要

六顕とは歴史的に関係が深く、エルスの登場により論教が世界的な広がりを見せるようになると、理武にも論教が瞬く間に広がった。

すると、四聖が登場する。四聖は論教のみならず世界史上でも極めて巨大な存在とされ、論教を世界宗教として決定づけ、論教でも預言者エルス以上にその教義や信仰に多大な影響を与えることとなった。

また、四聖の登場を契機に理武からは数多の偉大な宗教人が登場、また論教の教義や諸派の登場もほとんどが理武から発祥するようになった。総本山の六顕においても主流派が理武出身のものにしめられるようになるなどし、この時期やこの現象は理武の征服と称される。

近年はかつてほどではないものも、世界的な影響力は強い都市である。また、歴史的に見れば、経済や国力などでは六顕には及ばないものも、影響については六顕以上と評されている。

歴史

 詳細は「論教の歴史」及び「理武の歴史」を参照

人物