炎天の世界形態

提供: rain-tree
炎天 > 炎天の世界形態
移動先: 案内検索

炎天の世界形態の項では、炎天の主な世界形態の構造について説明する。

基本

炎天は、陸地がほとんど存在せず、世界の99.9%が海で覆われている。人や生物が居住する場所は多くが海の上に建設された巨大な建造物などの海上都市となっている。

政治形態

炎天では、世界の統一が達成されており、国家が存在しない。ただし、歴史的経緯などから国家の概念は存在している。世界全体の行政運用は中央政府によって行われている。ただし、国家が存在しない代わりに、地方各都市が、その規模や運営に置いて事実上の都市国家のようになっており、独自の行政形態が存在している。

君主

炎天には、世界統合の象徴、そして世界唯一の君主として”霊”が存在している。君主ではあるものの、行政上の権限はなく、あくまで象徴としての存在になっている。

都市形態

炎天では前述のように各都市が事実上の都市国家となっており、多分な自治権も有している。そのために様々な文化や都市運営がなされている。大別すると主にいかが存在している。

行政都市

・・・政府によって運用されている、一般的な形態の都市。都市の行政の長は市長である。市長といっても、都市によっては極めて巨大なものであったりすることから、かつての国家大統領のような絶対的な権限、権力を有していることが多い。

聖林太秦龍山太枝家角梵林


宗教都市

・・・宗教が絶対的な権力を持っている都市。市長などの行政官の存在は建て前であって権力は有せず、宗教組織の序列、階級が権限を要する。法律なども政府のものではなく、宗教上の教義、教則が重視されている。

六顕八頭火歩理武天町花宴

企業都市

・・・大企業によって運営されている都市。政府などよりも企業の存在が重要で、法律はあるものの、企業による社則などが実質的な法となっている。企業の役人などが事実上の施政者となっている。

宝封幽朗是宝社爽景炉

反政府都市

・・・中央政府に反旗を翻した都市である。建て前上は中央政府と交渉中となっている都市で、政治のトップは反政府リーダーとなっている。またこのような形態のため市長が存在せず、代わりに交渉官が存在しその役を担っている。反政府となっているが、実際は形骸化しており、他都市ともさほど違いはない。むしろ中央政府との関係は他都市よりも良好な場合も珍しくない。

來和

学術都市

・・・学問、教育機関が実験をにぎる国家である。

愛流

新興都市

景炉