是宝の歴史

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

是宝の歴史では是宝の歴史について述べる。

市政時代

論教の伝来と論教十派

六顕で誕生したロステン教(論教)は世界的な広がりをみせ、是宝にもまた広がることとなった。その推進に役割を果たしたのが論教十派であった。十派といっても思想的には共通しており、あくまで十の派が広がりに役割をみせたものであり、中でも寅派、蠱惑派、曇派などが特に高名であった。

ジュレーの登場

寅派のジュレーはそのカリスマを持って次第に影響力をましていき、是宝における論教の第一人者となり、司教となった。また彼は多くの経済団体、企業を創始し、是宝が宗教都市となる礎を築くこととなった。

素朴派の隆盛

一方、この時期論教以上に勢力を誇ることとなるのが、素朴派である。素朴派は論教の一宗派であり、元来は六顕の民間信仰であるボクカ教であったが、すでに六顕では論教に取り込まれていた。しかしながら、是宝ではむしろオリジナルのボクカ教の教義、思想が大いに受容されることとなった。特に素朴派の最大の指導者であったロクターは、是宝の社会を形成する上で多大な影響を与えることとなった。

人物

新機軸派の登場

素朴派の隆盛を経て、論教をより是宝の習慣に馴染ませた新機軸派が登場した。新機軸派は素朴派の影響も多分に受けており、また花宴のカエン教の要素も巧み織り交ぜるなどし、論教の発展に大きく貢献した。また多くの企業も創設、高い経済力も発揮していった。

人物

安定期

愛流來和の隆盛もあって是宝は影響力を弱めるものの、その間安定して都市を運営していた。

黄金時代

有力な企業が多く登場し、是宝は黄金時代に突入する。

人物