愛流の歴史

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

愛流の歴史では愛流の歴史について述べる。

市政時代

学閥政治の始まり

市の教育委員長であったマリアン・スケアロスと、実業家で大学の理事であったルーミー・ショーウィローがその立場や地位とともに学閥を有効利用して市政に強い影響力を及ぼすようになった。シャーリ・ナンは彼女らとは異なり一大学教授であり、彼女自身も強い政治的野心はなかったが、その功績や人望から結果的に権勢を得て、教授が市政を司る嚆矢となった。

人物

新三賢の登場

ロミ・ユケスマトード・ウェスカスルハイロ・ヒルマスの三人はみな類稀な学者であり過去の例に倣い新三賢と称された。彼らは賢人であると同時に政治的にも有能であった。最初に権勢を得たのはロミ・ユケであり、ユケはシャーリ・ナンを模して教授として政治を司り、また過去にないほどの権勢を得て大権教授のシステムを確立した。ウェスカスル、ヒルマスも同様に教授として、また独自路線によって強力な権勢を得た。

人物

華の三神童

新三賢からやや時を経てトエ・サンロツァコ・チェーライサマキド・ホーレスが登場した。彼女らはみな若く頭角を現し華の三神童と呼ばれた。彼女らもまた新三賢と同様に強力な権勢を得た。

トエ・サンロの栄光

三神童のうちの一人であったトエ・サンロは、当初はさほどでなかったが、数々の学問的功績、そして行政、宗教、経済らを織り交ぜた巧みな行政手腕で愛流でも第一人者にまでなると、その影響は他都市にも拡大させ、狛子地方でも屈指の存在となり、愛流もかつてないほどの隆盛を得て狛子でももっとも豊かな都市となった。しかしながら、絶頂にあったトエ・サンロは突然の自死により社会に衝撃を与えた。

人物

ホリー・マデーンと愛流の隆盛

トエ・サンロの突然の死によって愛流は混乱したものの、彼女のもたらした繁栄は後代にも及んだ。ホリー・マデーンはサンロの後継者と呼ばれるほどの強力かつ有能な行政手腕を発揮した。他にもライサ・ミドホレスチャヒコ・ライヒルライトレ・ニアドーなどをはじめ多くの賢人が登場し、また人材も充実し、愛流はそれまで以上に栄えた。

人物

厳寒の時代

隆盛を誇った愛流であったが、自治承認後安定した來和、のち黄金時代に入る是宝らが台頭し他都市に影響を与えるようになり、愛流の繁栄に陰りが見えた。その後は徐々に衰退していき、結果愛流は様々に低迷し、学閥政治も全く機能しなくなり、愛流は厳寒の時代となった。

測量士たちの登場

測量士たちが登場は、愛流はその歴史上最大の繁栄を得ることとなる。

人物