勇者

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

勇者とは、職業、称号の一つである。

概要

勇者とは、勇気のある者の意味であり、一般に英雄的人物への称号的なものである。しかしながら、ドラゴンクエストの登場以降、ゲーム的な必要性もあったか、区分けとしては職業として分けられる。

ドラゴンクエスト以前は、勇者という言葉が現在使われる意味であったかは定かではない。歴史的には形容詞的な使われ方であったと考えられる。

勇者は主に魔王を倒す存在ということもできる。世界の脅威である魔王を倒し、世界に平穏をもたらす、勇気ある者、それが勇者といえる。

イメージ

前述のとおりドラゴンクエストのイメージが強い。以外にもドラゴンクエスト以外で勇者のいるゲームというのはあまり見受けられない。しかし、ゲーム以外の創作では勇者はもはや一般的なものであり、その造型もドラゴンクエストが提示したものといえ、その影響力がうかがい知れる。

そのため、勇者のイメージというのは、ドラゴンクエストのイメージともいえ、そのステレオタイプは魔王を倒す、といったものから、勝手に民家に入ってタンスを漁るなどといったものも含まれる。

歴史的には

現実の歴史的には、このような勇者の存在はない、といってよいだろう。そもそも魔王や魔王軍といったものが、現実には存在しないので。ただし、他国からの侵略といった出来事に対し、救国の英雄となった人物は、そのイメージが近い。

日本は他国からの侵略が少なく、元寇くらいしか例がないので意外とわかりにくいが、「各国の偉大な人物ランキング」(英語版wikiなどにある)などでは、総じて救国の英雄が上位を占めている。

ただし、そういった人物もあくまで政治家や軍人、将軍であり、個人、少人数で脅威を退けた、ような人物は見つけることが困難といえる。

特性

勇者は故に、歴史ではなく創作、特にドラゴンクエストのイメージが強く、またそのイメージからさらにサブカルチャー的に発展していったとみなすことができるだろう。ここで、一般的な勇者の特性を見ていこう。

  • 選ばれし特別なものであること
  • 対照となる存在が魔王
  • 伝説の剣を抜くことができる
  • 伝説の武器・防具を身に着け、扱うことができる

パロディ的なものは排除している。伝説の剣を抜くことができる、はそのまま特別なもの、へ繋げることもできる。

勇者の特性において、最も重要なことは、 「選ばれし特別なものであること」といえるだろう。それは血統や、運命や、神霊の加護など様々であり伝説の剣を抜くことができるもこの一種だ、現代のファンタジーではこれらをズラすことも創作の重要なファクターになっているが、いったんここではあげない。

考察

勇者は職業ではないので、給与形態などが気になるところである。出立の際に王様から金一封もらえるが、あくまで収入は魔物退治や、クエストの報酬、旅先でのカンパなどだろうか。これらはゲームで描かれる要素などでわりとイメージできるが、気になるのは、魔王の討伐という目的を果たしたあとだろうか。

想像としては、王国などからの褒賞や恩給、また特別な地位に就くことで生涯を暮らすのだろうか。ここで気になるのは勇者と呼ばれるような特別な人間は果たしてそれでよいのだろうか。

作品によっては、魔王という脅威を退治した、新たな脅威、として描かれることもある。

ただし、勇者は品行方正に描かれることも多いことを考えると、きっと目的を果たしたあとも、周囲のために生きていくのだろう。