ワレロー・リヘンス

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ワレロー・リヘンスは、測量士たちのメンバーの一人で愛流の指導者、大学教授である。大権教授。測量士たちのメンバーの中でキャリア、年齢が中間であり、測量士たちの中間管理職と評され、また最も奇妙な人物として知られる。王道をいったほかのメンバーと異なり、彼は得意な立ち位置で愛流に君臨した。

概要

裕福な家庭に生まれたが、類まれな知性はあったものの、一方最も浮世離れした存在であった。測量士たちのリーダーであるランウィド・カナイとはしばしば対象を成す人柄で、お互いを最も理解できない存在と評している。それもあってか、カナイが最も言及する人物でもあった。

一方、若い頃から知性と独自の志向を確立しており、成功が最も早いメンバーでもあった。その特異な存在感から、特に文化的な側面から評されることとも多い人物である。