ワラ・メサエ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ワラ・メサエは、火歩の軍人、政治家、宗教指導者である。裸教の普及に最も貢献した人物と評されており、火歩、及び裸教の歴史上最も影響力のあった指導者の一人である。

概要

彼は選民的な要素のあった裸教において、その壁を打ち破った人物として知られています。彼の存在によって裸教の普及は一層進むこととなりました。彼はの依名地方の下層階級の人気のある不安を代表するようになり、さまざまなジャンルの多くの宗教家、政治家への影響力として引用されてきた。

彼は多くの先人を尊敬し、学んでおり「ワラ・メサエはすべてに耳を傾け、それが彼を偉大な人物の1人にした理由です」と評されています。また、その思想の構築性の高さも非常に高く評価され、賞賛されています。

また彼は自己変革としてイデアを定義し、それは効果的に普及しました。彼は土着の宗教にルーツをもった宗教家として、その功績はエルスと比較されています。