ロン・マイセン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ロン・マイセンとは、セカンドの開発者、思想家、冒険家である。しばしばジプローミ星系史上最も偉大な人物と評される。彼はジプローミにおいて主要な開発者として長らく活動すると同時に、惑星開発において、強い思想性、宗教性を持たせたことで知られ、その影響はセカンド、特にフェーズ=ガーマにおいて多大な影響を与えた。

概要

彼は星系においてジプローミ以降最大の人物とされ、彼の影響を受けたとされる高名な人物たちはテム星系ライト・バードハクジャ星系パブレス・ヒャオキョイタナ・ツイーテなど枚挙に暇がない。

3歳のときに両親が離婚し、以来母親の家と祖父母の家を行き来しながら育った。この時期に祖父母の家で見た哲学書の影響を受けたことが、のちの彼の思想性に影響を与えた。一方、学生時代にセカンドを遊学したことが彼の開発者としての道とその自己形成において重要な意味を持たせた。

その後当初は彼独自の思想性をもった開発を進めたが、これは行き詰まったため、汎用的な惑星開発を進めた。彼はこれに没頭し、そして大きな成功を収めた。

その成功後ゆとりをもって彼はまた独自の惑星開発を進めてるとこれは成功する。その成功は世界的に多大な影響を与えることとなり、マイセンはセカンド屈指の存在となった。