ロンギド

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ロンギドは、メラレム第五次ベール朝の女帝。第五次ベール朝最盛期の皇帝として知られている。

概要

才能は期待されていたが、なかなか伸び悩み、中央政権からの排斥の危機もあった。また、当初は有力な大臣の「体制の可能性がある」とその才を見出され、立身した、以降はその期待に応えるように結果を残し、皇帝となった。

皇帝となってからは、外交、軍事、内政に優れており、多くの戦争にも勝利し、版図もひろがるなど王朝の最盛期を現出した。

在位年数は25年