ロミ・ユケ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ロミ・ユケは、愛流の指導者、大学教授である。新三賢の一人。しばしば「理想の愛流人」と評される圧倒的な知性と振る舞い、ルックス、誠実さを持ち、瞬く間に時代の寵児となった。学術都市として発展した愛流において華々しく登場した彼は、新三賢の一人に数えられるが、その中でも最も早く頭角を現した。彼がシャーリ・ナンの一教授ながら大権を司る姿勢を受け継いだことで、愛流における大権教授のシステムが確立し、後代にまで至る愛流の形態を決定づけた。その功績から、彼もまた「愛流の祖」の一人と評されてる。

概要

ほかの愛流の巨人たちとは異なり、彼は生活の厳しい家庭に育った。しかしその知性は幼少よりずぬけており、苦学の上で学問を収めた。

学者とその能力の高さからなってからはむしろVIP待遇で、恵まれた環境になり、学者として理想的な研究を行うことができ、大きな成功を収めることとなった。結果彼は強い影響力を持つようになり、大権教授への道が開かれることなった。

権勢を得ると、シャーリ・ナンの姿勢を受け継ぎ、一教授として市政を司り、大権教授のシステムが確立した。愛流のあり方を決定づけただけでなく、学者として、指導者として強く、長い影響を残し続け、愛流史上でも極めて屈指の偉人として尊敬され続けている。