ロック・ハックマン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ロック・ハックマンは、三帝一雄時代の政治家、軍人、領主。リバケープ侯。”ロック”英雄名となっている。一地方領主でありながら、当時ノヴァールの覇権を争っていた三王朝すべてを屈服させ”三冠侯”と称された稀代の武将。それほどの戦功をあげながら、帝権や統一といった一般的な事柄には興味を示さず、生涯をリバケープ侯として過ごした。彼のその独特の思想や生き様は、存命中より数多の人々の研究対象となり、レオ流と呼ばれるようになった。以降レオ流はイド学と並ぶほどの影響をノヴァール社会に与えることとなった。

概要

出自に関しては明確ではないが、ハイティア国の中流家庭に生まれたとされる。青年期以降放浪の生活をしていたとされるが、リバケープで生活をしていたころ、野盗の軍勢を撃退し住民に担がれる形でリバケープ侯になったという。オーリーンは名目上ロヒカオ朝の領域下ではあったが、乱世であったので地方はすでに中央政権の影響を受けていなかったこともあり、リバケープにて彼独自の領地運営を行うようになる。以降リバケープは目覚ましい発展を遂げることになる。