ロックバリー・トル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ロックバリー・トルとは、セカンドの開拓者、開発者。ダブスの開発者であり、エントラテンテンプよりも先駆けて世界に衝撃を与えた「ホウソウマン」の生みの親である。スーマ星系の夜明けを告げる偉業を成した人物である。

概要

3人兄弟の末っ子として生まれる。都市部に生まれたが、父の仕事の関係で自然豊かな惑星に移り住み、野山を駆け回る遊びを経験する。この頃の実体験がのちの開発の礎となった。

その後ダブスで開発者となる。もともと単純工学を志向していたが、「侵略者」の衝撃によりコンピュータ工学を移行し、その結果生み出されたのが「ホウソウマン」であった。

「ホウソウマン」は世界に衝撃を与え、「ホウソウマン」フィーバーを巻き起こし、ミマに例されるほどであった。