ロクター

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ロクターは、是宝の宗教指導者、実業家である。是宝の宗教指導者の草分け的存在であり、是宝の開祖と称される巨人。マイナーであった論教、及び素朴派をメジャーに押し上げた最大の功労者とされ、是宝史上屈指のカリスマとして知られる。

概要

幼少期は病弱であったとされ、青年期に論教と出会った。この時期を、『すべての始まり』であり『僕を生み出した季節』と述べている。

当初論教の王道に傾倒し、志向したが、衆合派のいまだ未登場であり世間への影響を与えることはできなかった。その後、是宝にて素朴派も伝わると、多大な衝撃を受け、是宝の素朴派として活動することとなる。彼の活動は地方での限定的なものであったが、その存在は人知れず全国的に伝わっていくこととなる。

政治性の強く、過激であった素朴派において、ロクターはより普遍的な自身の生き方や恋愛体験をテーマとした。

反体制、反商業主義こそが、素朴派の本質という原理主義者からは大きな批判を浴びたが、ロクターはマーケットに迎合したわけではなく、日々の生活の中で抱くまったく個人的な心情を、より日常的な言葉で歌ったに過ぎない。むしろそうすることで、旧態依然とした素朴派の閉鎖性から訣別した。

素朴派の指導者が内省的となる傾向のある中で、平凡でストレートに思いを表現する潔さがあったとされる。罵声が飛んでも訴え続ける姿勢が支持者を増やし、時代の流れはロクターの提示した新しいスタイルに流れていった。

また彼は素朴派の指導者として企業も設立し、宗教と経済がより密接にかかわる精神性と世俗性の融合を成した。彼の企業自体は苦難多く経済者とそては成功とはいかなかったが、彼の一連の活動が、是宝のあり方に極めて重要な役割を果たした。

彼の影響の巨大さは彼を「是宝の開祖」と評されるほどのものであった。