ルタハガン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ルタハガンとは、ハクワサ出身の魔導士。ボーンズと並ぶ古代最高の魔導士として知られる。魔導士のの社会的地位を高めた人物であり、魔導文明を代表する偉人である。

概要

ボーンズが生涯、魔導を本業としなかったのに対し、彼は魔導士としてその名をとどろかせることを重視し、実際に多大な功績を残した。ボーンズがその生涯をとして魔導体系を整えたのに対し、彼は魔導士の社会的地位向上をさせることとなった。実際彼は多くの場面で魔導士であることを名乗り、誇りにしていた。

ボーンズとはライバル関係であったと同時に、その功績、志向や性格まで対照的であり、誠実・実直な人柄であったボーンズに対し、ルタハガンはユーモアあふれる人物であった。

彼はメラレム全魔導大会で4連覇を果たすのだが、これは次回大会で返還する聖杯を紛失してしまったからであった。 そのほか、戦場の命がけの場面でもジョークをとばすような人物であった。

一方、隠遁後は、それまでの目立つ姿勢とは全く対照的に、一切姿を見せることはなく、公だけでなく私生活でも人との交流を立ったという。ボーンズが前線から退いたあとも活動的だったことと対照的であった。