ルエヒュミー・ハットゥシーゴ

提供: rain-tree
トルポス > トルポスの主な文明圏 > 錬金術文明 > ホミア > ルエヒュミー・ハットゥシーゴ
移動先: 案内検索

ルエヒュミー・ハットゥシーゴは、ホミアの錬金術師、学術府長官である。ホミア史上最大の錬金術師と呼ばれ、ホミアに絶大な影響を与えた。その功績と絶対的支配から、ホミアの赤い皇帝と称された巨人。

概要

父はレンガ職人であったが、錬金術の工房の仕事を受けた関係からルエヒュミーも錬金術の教養を深めていくこととなった。決して裕福ではなかったため、環境は恵まれたものではなかったが、錬金術の工房で働きながら学校に通うなど、苦学生をしながらも研究に励んだ。この時期に最大のライバル、ハルカ・ハキオッキルと出会っている。

その後、順調に功績をあげ、その後影響力を伸ばしていった。

その後長官になり第一次政権時代を迎える。この時期は地盤や影響力ともにさほどではなかったが、大きく功績を残していき、多大な功績をあげた。また、この時期にその影響力を伸ばしていった。

第一次政権後、移籍。移籍の影響もあり長官職からは離れたが、以前強い影響力は伸ばしていた。また、この時期はライバル、ハルカ・ハキオッキルの全盛期でもあった。

その後再度長官職に就く。ここから長きにわたって長官を務めることとなった。ここからの彼の支配は絶大なもので、ホミアとはハットゥシーゴともいえる時代を築いた。結果、長官として史上最長となる在位を務めることになる。

ぞの功績、影響はすさまじく、ホミア史上最大の巨人として、国民から畏敬の念を持たれている。