リゴン・ラージ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

リゴン・ラージとは、セカンドの開発者。デサゾバの開発者であり、レクパ星系を代表する存在である。イエー兄弟らと並び、レクパ星系の発展の原動力となり、象徴ともなっている。

概要

若くして開発者として志向し、またそれに対し不断の努力を続けた。工学と経営学を学業で専攻し、その後いくつかの技術職を経験し、デサゾバで就職した。

早くから功績を上げると、彼は「若い拡大」を開発した。「若い拡大」は非常に大きなスケールの開発事業であり、一定の成功も収めたが、当初はその構想の規模と資本、技術がかみ合わなかった。しかしながら、イエー兄弟による大規模事業・大規模資本の開発体制の確立以降、「若い拡大」は本領を発揮し、セカンド史上最大級の開発となっていった。