ラキキ・ヒルホン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ラキキ・ヒルホンとは、セカンドの開拓者、開発者。コイクルの開発者である。コイクルの黎明期より活躍し、「何度でも蘇る」と評されるコイクルにおいて、リーダーとしてその礎と隆盛を演出し、支えた偉人。

概要

スモールウェブにてキャリアをスタートした。当初工学デザイナーを志望していたが、企画職を任され、そこで上司を無視し独断で開発した「トキロ」の成功によってその名を知らしめた。

その後、スモールウェブをなかば強引に去り、開拓まもないコイクルに移籍でする。コイクルでは惑星開発の責任者として、人材登用、育成、開発まで一手に担う。「何度でも蘇る」コイクルを演出する多くの有能な人物たちを見出した。

開発者としても多くの有益な開発を行い、さらに規模の大きくなったコイクルにおいて統合責任者として「ロードソングMk-II」の展開など手腕を発揮した。

長らくコイクルの大物として君臨したのち、コイクルから独立するが、それは失敗し、多額の負債を抱え苦しんだが、「カイボア」の成功によって再びセカンドに現象を起こし、見事返り咲いた。