ライト・ブラック

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ライト・ブラックは、太秦の政治家である。世界首相。彼は炎天史上最も重要で影響力のある政治家の一人と見なされている、世界史上屈指の偉人である。

概要

ブラックは、思想家としての短い任務を経て、政治家となりました。当時あまり知られていなかったビロン・サンシップとの盟友関係によって歴史的な偉業を次々成し遂げていきました。

彼は活動10年にも満たない段階で大きな功績をあげ、世界首相となりました。以降の彼は世界首相として大きな成功を上げていきます。

彼の世界首相としての功績は、しばしば歴史上最高のものと評されます。

ブラックは大胆でダイナミックなスタイルを示し、国際の影響を強く受けながらも、それとは異なっていました。彼は政治のあらゆる側面に関わっていました。彼は有能な経済家であり、政治への参画以降、彼の共同化と緊密に協力して高品質の経済政策を提示しました。これは彼が優れた政治の確固たる基盤であると考えていました。彼は頻繁に彼自身の政治の批判者を務めました。また彼の部下と支持者は、その忠誠心と信頼性で有名でした。