ライウィド・カナイ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ライウィド・カナイは、測量士たちのメンバーの一人で、またリーダーでもある、愛流の指導者、大学教授である。大権教授。測量士たちのリーダーとして、強烈なリーダーシップと戦略によって。愛流史上未曾有の影響を与えた人物。彼個人は、しばしば愛流の典型から最も離れた人物とも評される。

概要

裕福な家庭に生まれたが、類まれな知性はあったものの、経済感覚や思索性など、愛流人の理想として求められる要素はかけており、必ずしもその才に恵まれていたわけではなかった。そのため、若年期には苦労も多く、それゆえのハングリー精神が培われた部分もあった。ただし、自身の適正に早くら気づき別の可能性を模索したことが、測量士たちの成功へとつながっていく。

彼が重視したのは反政府都市として狛子に大きな独自勢力を築いていた來和への接近があり、そしてそそれは巨大な成功となった。これまでも來和と愛流との関係はあったが、それは規模としては小さく、また來和を上とするものであったが、彼は來和においてもドメスティックな巨人として認識されている。來和との関係構築が愛流へも波及し、これらの相乗効果が彼を狛子地方の巨人とするにも至った。