ヨネ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ヨネとは、ルーファンの政治家、軍人。国立科学情報技術局統括官。シアル=アルナー閥の最盛期を築いた大政治家。盟友カルスラゲトクとともに、ルーファン史上最も偉大な人物と評される。

概要

必ずしもエリート街道をきていたわけではなかったが、一方、彼は天才であった。

軍人出身であったが、その天才的な才覚で多くの功績を起こしており、軍事だけでなく、行政の問題においても「彼に解決できない問題はない」と評された。

政界進出も、当時最盛期を迎えつつあったシアル=アルナー閥からの熱烈な勧誘がきっかけとなった。初出馬ではトップ当選となった。新人のときから彼は局長カルスラゲトクの盟友として、次々に有用な政策を実行、功績を残していった。

彼はその天才から驚異的な事務処理能力を誇り、カルスラゲトクの改革・構想の実現を可能とする存在であった。また、カルスラゲトクでは行き届かないより詳細な政策も把握し、特に「カルスラの魔法」と称された経済成長に合わせ、見過ごされがちな福祉・医療の充実も図り、ルーファンが超大国となる基盤を作ったといえる。

彼とカルスラゲトクとの連携は、「神との契約」と呼ばれた。

カルスラゲトク以後も、その後継となったワカイとも充実した国政運営を行い、その繁栄を支えた。

それらの功績から、しばしばルーファン史上最高の偉人と評され、実際メディアの行った投票では最も偉大な人物に選ばれた。