ユカツキ・シン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ユカツキ・シンは、測量士たちの初期メンバーの一人で、愛流の指導者、挿絵画家である。測量士たちの活躍が本格化してまもなく、幼少より憧れていた画家となるために脱退した。当時も大きな衝撃を与えたが、測量士たちが歴史的な存在になっていくにつれて、より伝説的な存在となった。

概要

幼い頃から学問に秀で大学進学を目指したが、いくつか挫折を経験するなど、必ずしも順風満帆ではなかった。しかしながら、メンバーで最も思索性に富み、また芸術的素養ももちわせていた。出世も測量士たちのなかで実は一番早く、測量士たち初期は中心メンバーでもあった。

タヤ・ラムが狛子を席巻、ライウィド・カナイも地位を確立し、ほかメンバーも徐々に頭角を現すなど、測量士たちの活躍が本格化しはじめた矢先、幼い頃に秘めていた画家への道を志し、グループを去ることとなり、衝撃を与えた。