ヤン・テスキ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ヤン・テスキは、來和の軍人、政治家、革命家である。來和の評議会議長。來和の帝王と称された巨人。新しい波の主要な人物の一人として登場した。長らく來和の巨人として君臨していたが、三巨頭体制崩壊後に、若年期からの盟友であるサマー・アカーシャに匹敵する存在として新たな三巨頭となると、圧倒的な政治能力によって帝王と称されるほどに多大な存在感を見せたが、最後はスキャンダルによって失脚し、表舞台を去り、社会に衝撃を与えた。

概要

サマー・アカーシャとは一等兵からの同期であり友人である。社会に登場したのは新しい波の主要な人物の一人としてケタ・ヴィトらとともに登場した。以降は独自の地位を築き存在感を示した。元来そのカリスマは三巨頭とならぶと評されていたが、一方彼自身の戦略もあり雌伏もした。

三巨頭体制崩壊後は新巨頭としてサマー・アカーシャとともに來和を支配した。この時期の支配力はアカーシャを凌ぐほどで、帝王と称されるほどに君臨したが、最後はスキャンダルによって失脚し、表舞台を去り、社会に衝撃を与えた。