メルツ・ディギー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

メルツ・ディギーとは、セカンドの開発者。ボストクスの開発者であり、スーマ星系を代表する偉人で、ミモ・ヤホンハクシーン・スロープロらとともにスーマ星系の三大巨匠の一人と称される。

概要

実家はガラス屋を営んでいた。幼少時は弁護士志望だったが、少年期に開発者志望に転換し、テム星系の開発者を目指していた。活動的であり、この時期に多くの知己を得ている。

その後開発者ではなくライターとなった。この時期には、トーベの大物ワヒコ・バードと知り合った。ワヒコ・バードの勧めにより、スーマ星系の技術開発の取材をきっかけに本格的にスーマ星系の開発者となっていく。

開発者として、技術者としては必ずしも優秀ではないにも関わらず、独自の発想によって現象を起こすこととなる。

スーマ星系で地位を得た彼は、スーマと並ぶ史上最大級の開発となる「リューヘ」を開発することとなり、世界に衝撃を与えた。