メイスン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

メイスンとは、ハクワサ大陸中原の魔法使い国家タウコハの王。その強大な魔力や、卓越した技術からハアリとともにしばしばハクワサ史上最高の魔法使いの一人と評される人物であり、タウコハを隆盛に導いた。その桁外れや魔力と才覚、そしてカリスマによって絶大な存在感をハクワサ全土に示す一方で、数多くの苛烈な事業や物議を醸す行状によって多くの問題を抱える人物でもあったが、その功績や影響は偉大なハアリに匹敵する者とされ、しばしば比較される。

概要

しばしば史上最高の魔法使い一人として評される。魔法使いとしての実力だけでなく、多くの革新的な事柄によって偉大な王となったハアリと違い、メイスンはその圧倒的な魔法使いとしての力量のみによってその存在を示しハアリと比肩されるほどになったことから考えても、メイスンこそ史上最強の魔法使いであるという評も数多い。

桁外れの魔力に加え、史上最速とされる詠唱速度、急所を見抜き的確に射抜く高度な判断力と技術、攻撃のみならず防御術や治癒術にも天才的であり、多くの強敵を打つ倒し、自軍に多くの勝利をもたらした。

その圧倒的な武勇、軍事的才能とくらべ、政治家としては賛否両論あったが、強大な軍事力で強権を奮った。しかしながら、戦争が絶えたころには多くの問題が噴出するようになった。また本人の奇行などもあり、臣下たちを困らせた。このようにその強権や晩年の迷走などはしばしば批判されるが、その輝きからいまなお世界的な人気がある。