メイクエン・ズミート

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

メイクエン・ズミートは、風水士国家エイチェルの政治家、軍人。キョウゲートヴン家の将軍。エイチェルではなくジーラ・レミ出身の風水士である。ラルカーン、ゴハンヘとともにキョウゲートヴン家の黄金時代を築いた。ジーラ・レミなど他地方出身の風水士の理想とされる人物である。

概要

有望な風水士であり、ジーラ・レミの頃からその名を馳せており、キョウゲートヴン家から仕官の要望が来た。しかしながら、彼は、言葉、生活の違いもありエイチェルへの移転については戸惑いもあったが、ほかの風水士からの勧めもあって、短期間と決めてキョウゲートヴン家の将校となった。

結果、彼はキョウゲートヴン家の有力な人物として、その黄金時代を長く支えることとなる。

彼は特に史上最高の風水士、ラルカーンの右腕として知られており、彼を覇業を支えた。一方、当時は彼の働きはラルカーンあってのものとも評されやや過小評価されることもあったが、ラルカーンが外征のため根拠地を移したあと、彼はその大きすぎる穴を埋めるこれまで以上の働きを見せ、改めてその政治的、戦術的、風水士的手腕を見せた。

その後キョウゲートヴン家を離れ、一時的にジーラ・レミに身を寄せたが、ここでも際立った功績を見せた。さらにそののち、ロライセイル家に移籍するとここでラルカーンとのコンビを復活、これまた稀有な活躍を見せ、ロライセイル家の隆盛を支えた。