ミモ・ヤホン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ミモ・ヤホンとは、セカンドの開拓者、開発者。エントラテンテンプの開発者であり、フェーズ=ゲム史上最大の偉人である。しばしばフェーズ=ゲムの父とも評されます。フェーズ=ゲム史上最大の開発である「スーマ」、史上最高の開発ともいわれる「ルミョー」などを開発し、フェーズ=ゲムの発展に極めて巨大な貢献をした。

概要

もともとは技術者ではなくデザイナーであり、黎明期にエントラテンテンプのユニークな開発姿勢に興味を持ち、エントラテンテンプの開発者となった。早くして順調にキャリアを積み3年目に「ロバリラ」を開発し大成功を収めた。この際にミリフラ・ワイウェルの指導を受けておりさまざまな考え方や作り方を学んでおり、ヤホン自身も「ワイウェルは自分の師匠だと思っている」と語っている。

エントラテンテンプ総督の「1万の凡才より1人の天才」という考えから、エントラテンテンプの中心的開発者となり、実務リーダーになった。そして、生み出されたのが、「スーマ」であった。スーマがフェーズ=ゲムどころかセカンド史上において最も巨大なアイコンの一つとなった。