ミコ・ハルミヤコ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ミコ・ハルミヤコは、花宴の実業家、宗教指導者である。ラク・ミク以降最大の女性起業家であり、花宴史上屈指の偉人の一人。彼女の絶頂期が花宴および花宴教の黄金時代とされる。

概要

事業家であった母親から、幼少期より経済に関し英才教育を受けた。学校そっちのけで事業を行い、校長の話によれば、起業するといって高校を中退した。当時似たような若者は多く、そのうちの一人としか思っていなかったが大成功した。

10代半ばにして「ミコ・セクション」と呼ばれる、うなうような力強い行動力、波打つような深い経済思想が独特で、瞬くまに起業家として大成功し、名実とも当代随一の起業家となった。

経済派閥の移転後、花宴教祖として「ノースモーテル」を発表した。ノースモーテルは、花宴教史上最高の経典と評されており、そういった扱いが一般的である。

彼女の絶頂期が花宴および花宴教の一般に黄金時代とされており、当時の存在感は絶大なものがあった。