マーリン・サンデン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

マーリン・サンデンは、ダウェイ朝の皇帝。”マーリン”英雄名となっている。先代ナナ・トゥルイの庶民に重点を置いた統治路線を引き継ぎ、公共事業の充実や積極的な産業政策で国力は充実させると、先進的な福祉政策も行い国民の生活は過去ないほど豊かで安定したものとなった。彼の治世はダウェイ朝の最盛期として評されている。

概要

ダウェイ朝の名家に生まれる。名家の御曹司として才能にも恵まれ、将来の皇帝候補として周囲からは期待されていた。一方、そういった恵まれた環境、良家のサラブレットとしてのプライドゆえか、青年期は傲岸不遜な面もあり、一般庶民に対してはやや冷めた態度を示していたという。その折、庶民の生活を視察するため街に出たところ、当世の皇帝ナナ・トゥルイと遭遇する。この際、サンデンは民に対して不遜で横暴な態度をとっていたが、一般庶民に変装し紛れていたトゥルイにその不徳を諭されることとなる。この出来事に衝撃を受けたサンデンは自身の未熟を悔い改め改心し、以降は寛容で民に寄り添った人物になっていく。後日、その人物が皇帝その人と知ると、衝撃とともに大変な感銘を受け、以降はトゥルイを大変尊敬し皇帝としての在り方を学んだという。トゥルイも、これをサンデンに詫びられた際には冗談をいって笑って許し、名君の素養溢れたサンデンに叱咤激励の言葉をかけたという。

皇帝就任後は、トゥルイの路線を引き継ぎつつもその修正や発展を行った。敬愛するトゥルイの行った政策であってもときにはこれを否定し、より緻密な政策を成功させていくなど賢明さと意志力を持ち合わせた人物であった。国力の充実から先進的で積極的な福祉政策や、公衆衛生対策、医療技術の発展などを行い、それらは市井の一般庶民だけでなく辺境の貧しい寒村といった国の隅々にまでいたるほどであった。彼の治世での民衆の生活の安定ぶりは、その後1000年以上も続く帝政史上のなかでも屈指のものであったという。一方、若年のころの頑迷さもときに見せることがあり、自身の考えに固執し家臣に窘められるが受け入れないことも多々あったという。それが遠因となって失敗をすることともあったが、この性格は生涯変わらなかったという。そのため臣下にも厳しく、民からの名声と相反して宮廷内での評判はあまり良くなかったという。

皇帝在位26年を持って死去。生涯を民のために費やした名君として多くの歴史家から評価されている。