マーキィ=アラワール

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

マーキィ=アラワールは、メラレムニュマック朝の二代皇帝。アシモスが創始したニュマック朝を飛躍的に発展させ、次代のミックスによるメラレム統一の下地を作った。その有能さから後代での評価、人気は高く、第四次ベール朝の大帝マーキィ=ヒトールの名前の由来になったことでも有名である。

概要

ニュマック朝の創始者アシモスとは一歳違いであり、アシモスとともに王朝創設に貢献した。軍事能力はアシモスには及ばなかったが、外交、調略、統治能力に秀で、王朝創始の基盤を作った。王朝創始後も極めて有能な大臣として、王朝の発展に寄与した。

アシモス没後はその多大な実績から第二代皇帝に押され、高齢ながら即位した。皇帝になって以後は、それまで以上に有能さ、勤勉さを発揮し、王朝は飛躍的に発展、国力は増大し、領土も伸張した。結果、時代のジークスによるメラレム統一の礎を作った。

しかしながら、最後は暗殺という悲劇的な最後を迎えた。

人物

その勤勉で確実な実績、能力とは対照的に、非常に情熱、闘争心の熱い人物であったことでも知られており、国家を牽引した。一方で王朝創始時には皇帝に盟友で民からの人気の高かったアシモスを推挙するなど、冷静さも持った人物であった。