マーキィ=ヒトール

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

マーキィ=ヒトールは、メラレム第三次ベール朝の皇帝。大帝と称された第三次ベール朝最盛期の皇帝であり、メラレム史上最も才気に長けた人物であったとされる。メラレム史上、ベール、ジョーディマの系譜を受け継ぐメラレムを代表する存在とされる。

概要

マーキィの名は、ニュマック朝の皇帝マーキィ=アラワールよりとられたことは有名。

しばしば史上最も才に溢れた人物とされ、その天才性は若くから評判であった。秘められた魔力はけた違いで、知性に溢れ、武勇もすさまじく、また芸術的素養も持っていたとされる。しかしながら、彼は生涯を通じて病身であった。そういった身でありながら、52年という超長期政権を担い、また極めて有能であったこと、また多くの戦果を挙げたことなどから、彼が未完の大器と語られる所以であった。病気がなければ、史上最高の皇帝であり魔法騎士であったであろうと多くの歴史家から評されている。実際、彼は病気で戦地や政務を離れることが多かった。

皇帝就任後は、プレッシャーや激務もあって病気となり、一時は退位も考えたほどであったが、父の支えもあり復調し、以降は順調に実績を重ねた。

武勇

彼は史上最高の二刀流使いとして有名で、また彼によって二刀流が一般な剣術と認知された。その武勇は、万全な状態であれば一人で一国も崩せるほどであったという。特にその魔力に関しては数多くの伝説を残しており大陸の破壊すら可能とまで評された。

人物

芸術分野でも非凡なものを持っていたというが、激務と病身であまり注力することができなかったが、数少ない文書や周囲の評にてその才が伝えられている。