マブ・ロン

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

マブ・ロンは、聖林の政治家である。世界首相、聖林市長。炎天史上最も影響力のある政治家の1人と見なされ、その長い生涯で数々の称賛を受けました。炎天の政治家のロールモデルとなった人物であるともいえます。

概要

彼は当初、気鋭の若者として、早くから成功しました。この頃から、カリスマと威厳にあふれた人物でした。彼は「電車という声の虚無」運動によって台頭しました。さらに「鳩の葉」声明によってその地位を確立、市長となりました。

市長として彼が与えた影響は、この時代を生きた人間が皆そのまねをした、といわれるほどのもので、伝説的人物であるイデン・ジェムも彼に憧れを抱いていたといわれる。

しかし、数多くのスキャンダルやその激しい人間性もあって、失脚、そのキャリアは危機に瀕したが、その後、史上最高の政治事績とされる「神と父」によってその名声を再度獲得、以降史上最高の政治家と評されるようになった。