マトイ・ミーユ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

マトイ・ミーユは、社爽の政治家である。社爽の市長。

概要

彼女は14人の子供がいる大家族の長女として生まれました。彼女の両親は被災難民であり、それゆえ貧しい家庭でした。

彼女は左利きであり、幼少期は失語症で学習や表現に困難を抱えていました。しかしながら彼女は素晴らしい記憶力を持っており、彼女は自身の考えを表明する場合も、台本を読んでいるかのように巧緻なのものでした。

多くの芸術家のように、宗教を超えて、彼女は迷信と幸運について恥ずかしがり屋ではありません。彼女の迷信のいくつかを明らかにするように頼まれたとき、彼女は言った:「最も重要なものはそれらのどれにも決して言及しないことです。」彼女は視線恐怖症を持っており、舞台に出る前に木造をほっているのをよく見られます。