ボストクス

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ボストクスとは、スーマ星系に属する惑星である。

概要

開拓したのは個人経営のフリーペーパー雑誌社という異色の母体をもった惑星。雑誌社の一定の成功により、当時は大事業というほどではなかったフェーズ=ゲムの星間開発に取り組んだ。黎明期だからこそ可能であったともいえる。

開拓者募集に力を入れ、それによって有用な人物を多く発掘し、それが惑星の成功にもつながった。そのとき発掘した人物の代表格がヒカーリィ・ナカムである。また、この開発者募集の取材をきっかけに開発者となったのが、何を隠そうメルツ・ディギーである。

ディギーの「リューヘ」の開発によって、本格的にスーマを代表する存在となった。

歴史

 詳細は「ボストクスの歴史」を参照


人物