ホルパサ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ホルパサは、メラレムの軍人、政治家。メラレム連邦の大統領。メラレム連邦成立から成立後にかけて、連邦の軍事面においての最重要人物であり、その確立に大きな功績を上げた。連邦の四傑の一人。

概要

メラレム共和国崩壊後の国難の時代に合って、ヤンの維新政府において特に軍事面において活躍した。身分の低い生まれの出身であり、また立身まで時間がかかった。

主に軍事面で活躍したが、本来は内政担当の行政官である。しかし彼の特性は軍事面、しかも自らの本来の役割とは真逆の対外戦争にて多くの功績を上げた。一方で、行政官としての評価は低く、詰めの甘さが難であった。また、軍事面に優れていたが、防衛戦も苦手としていた。

しかしながら、本来戦力ではない行政官が強大な軍事力を持っていたことが、ヤンの維新政府の強さでもあった。ながらくヤンで活躍し大統領も経験。国民からも高い人気を誇った。