ホクト8世

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ホクト8世とは、モース王国エノココ朝の王。エノココ朝を代表する名君の一人である。

概要

大王サザン・トミス3世より幼少より期待され寵愛を得て、また大王より厳しく教育を受けていた。その期待に応えるように順調に成長し、功績を上げ、大王逝去後にはその後継として王位を得た。

在位年数は20年。王としては大王の政策を維持、発展させエノココ朝の繁栄を継続させた。

大王の寵愛を得たものの、魔法使いとしても、王としてもその才自体は平凡だったという。にもかかわらず大王の寵を得たのは、真面目で努力を惜しまないその性格、性分であったという。同じく才は平凡ながら努力によって大王と称されるまでになったサザン・トミス3世は自らと重ねていたという。大王のホクト8世に対する教育は想像を絶するほどの激しいものだったという。