ペべオン・リパマリル

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ペべオン・リパマリルとは、セカンドのイノベーター。テム星系史上最大の開発構想者・設計者であり、またそれを確立した人物でもある。彼の起こした事業はどれもが巨大な成功と現象を起こし、歴史に重大な足跡を残した。また彼自身の苛烈すぎる人柄と人生もまたよく知られている。

概要

幼少時から非常に凶暴で喧嘩っ早く目立ちたがり屋な性分であり、名門校にいたが彼の荒い気質と校風は水と油のようなもので、クラスメートや上級生の子供達とも衝突ばかり起こしていた。その後監獄に入れられるなど、とにかく凶暴であった。

一方、彼は社会思想家を目指しており、そういった活動も始めていたが、生活のために開発の構想者、設計者としての仕事もするようになった。その結果彼の圧巻の才が花開くこととなった。

彼は数多くの偉大な事跡を残すが、なかでも「キョウムーン」「イエスタディカッスル」は星系最大の開発とされている。