ベツル・ヨウハーピテー

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ベツル・ヨウハーピテーは、來和の軍人、政治家、革命家である。來和の事務局長などを歴任した。サマー・アカーシャヤン・テスキらと同じドロカタ班軍の出身であり、両名とは若年より先輩後輩の間柄である。長らく地方指導者として確固たる地位を築いたのち、全国区に進出、以降も長らく重鎮として君臨し、來和屈指の存在として活躍した。落ち着いた人柄や志向でありながら、ときに狂気的な側面を持つことから、幅広く愛される反面、來和の狂気と称された。

概要

ドロカタ班軍の出身で、サマー・アカーシャヤン・テスキらとは直属の先輩にあたり、独特の関係性がある。成功は比較的早く、当初全国区で活躍したが、持ち前の狂気が全面に出たため、地方へ拠点を移さざるをへなくなった。

地方では持ち前の才覚で確固たる地位を築き、またその才を惜しんだケタ・ヴィトチャルによって全国区に引き戻され、以降は革命組織の重鎮として長く、幅広く活躍した。

三巨頭体制崩壊後も、來和の重鎮として活躍し、大きな存在感と影響を示した。