ブレケス・ボドヘジ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ブレケス・ボドヘジとは、セカンドの開発者。ツセーセン・ワーターランド以降のオウージュアにおいて、最大の人物として君臨し、支えた巨人。

概要

少年時代から格闘家に対する憧れが強く、学生時代には武道をたしなみ、格闘家となった。その後5年ほど格闘家として活躍したが、体調不良のため引退し、その後は職を転々としていたが、少年期より格闘技とは対照的ながら、自身の好奇心の一つであった工学を志向し、開発技術者に転向した。

元プロの格闘家という異色の経歴の開発者である。独自の開発理論と、元格闘家という経験を活かし、人体工学の研究、開発を進めた。オウージュアはかつての影響力は失っていたものの、彼はそのなかで星系において独自の地位を築くことができ、その活躍によって星系の巨人にまで至った。