フラモノ兄弟

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

フラモノ兄弟とは、セカンドの開拓者。フラモノを開拓し、フェーズ=ドガ黎明期にトニー・ミマの開拓したミマに唯一対抗できた存在であり、多くの功績を残した。しかしのちにフラモノは散会し、影響力のない名目だけの存在になったが、その功績は歴史的に大きく評価されている。

概要

もともとは星系技術ではなく、生物工学によってその影響と可能性を示すことでその存在を現した。そのため、一般的な星系開発とは異なった衒学的でユーモアと多くの革新性を備えた存在として注目と影響を受け与えた。その影響は彼らの実験は規模は決して大きななかったにも関わらず、セカンドどころかファースト・スペースにも影響を与えるものであった。

ファースト・スペースから始まったこの時期の「キート」技術革新は、フラモノ兄弟の実験からも少なからず影響を受けたものであったが、フラモノ兄弟はそのキートからすでに離れており、セカンドへの需要が本格化してから再発展させたものであった。

かねてよりノウハウがあったこともあり、この時期のフラモノはミマに匹敵するほどとなった。

しかし、幸運の女神はフラモノ兄弟を見放し始めた。