フウヤ・ユユキ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

フウヤ・ユユキとは、セカンドの開拓者、開発者。アケーヨ史上最高の偉人であり、星系のみならず、セカンド史上でも屈指の「機功体系」を生み出した巨人。同年生であるパブレス・ヒャオに匹敵する人気、影響力を持った人物である。

概要

もともとは技術者ではなく、文系の学者を志していたが、就職活動の関係で技術職につくことになった。技術者ではなかったことから、工程管理の仕事を担当したが、この頃に自分より年下のスタッフの技術力の高さに衝撃を受け、「彼らに負けない仕事をするにはどうするか?」を考え、「だれよりも早く構成図を仕上げる」ことであった。

この点を磨き上げた結果、フリーとなったが、大変評判を得ることとなった。

その評判の結果、アケーヨにて厚遇には招かれると、開発構想者としてキャリアを積みだし、その地位を上げていく。そして、決定的となるのは「機功体系」を生み出したことで、これはテム星系史上最大の現象を巻き起こすほどのものであった。「機功体系」はテム星系の第二次革命と評され、彼の名を轟かせることとなった。