ビロン・サンシップ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ビロン・サンシップは、太秦の政治家である。太秦市長。世界的に最も広く知られた太秦の市長であり、ライト・ブラックとともに世界を席巻した巨人。

概要

政治や社会にさして興味がなかった彼は、もともと芸術家を目指しており、絵画の仕事を受けるつもりで受けたのが政治家の手伝いであった。やる気はなかったが、生来のカリスマ性によって周囲を驚かせた。このことが、人づてに当時新進気鋭であったライト・ブラックに伝わりフックアップされることとなる。

世界首相となったライト・ブラックと太秦市長として圧倒的勢力を誇ることとなるビロン・サンシップの盟友関係は世界史上最高のコンビとも言えました。彼はしばしば、通常は粗くて不機嫌な人々を注視した。

清濁あわせ老獪な政治家の一般的なステレオタイプを逆転させました。コミカルにマナーに欠けることが多いが、実用的な知恵と経験、控えめな言葉、そして軍人としての場合は豊富な役割を演じました。、比類のない演説能力、この素朴な戦士の精神を、法廷の役に立たない、保護された正当性と対比させています。ライト・ブラックは、ビロン・サンシップが無垢な感情を楽々と発信したことを高く評価し、かつては、平均的な太秦の政治家が長時間を必要とする感情論を、短時間で伝えることができた。

ライト・ブラックについて、ビロン・サンシップは「知っている。彼と以外に、政治家として誇りに思うことをしたことは一度もない」と語った。