ヒル・タヒノーリ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ヒル・タヒノーリは、ホミアの錬金術師である。その傑出した頭脳と、あまりにも過激な研究スタイルで多くの功績を残しながら、それによって壮絶な最期を迎えたホミア史上に残る夭折の天才である。

概要

早世したこともあり、政治的な功績は残せなかったが、一方頭脳に関しては史上最高とも評され研究において大きな功績を残した。また、マッドサイティストであり、研究のためには自身の身を顧みない類まれな情熱を持っており、その姿勢は多くの人の脳裏に焼き付き、後世の錬金術師にも影響を与えた。

研究に関してはマッドであった一方、人柄は気さくで飾らない人物であり、また不器用で政治下手な部分もあり、そういった人柄はクリーンであり人望、人気を集めた。

タヒノーリは常に限界を追求する勇猛な研究姿勢は死後もなお称賛と憧れの対象とされ、この事は彼を死後早々に伝説的カリスマ化させる要因になった。

息子、ビントリー・タヒノーリも錬金術師であり、学術府長官も務めた。また、弟も錬金術師である。