ヒトール・ベール・ド・メラレム

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

ヒトール・ベール・ド・メラレムは、メラレム第四次ベール朝の開祖、初代皇帝。第三次ベール朝の大帝マーキィ=ヒトールの直系の子孫であり、祖への敬愛もあり、ヒトール・ベール・ド・メラレムと称した。彼はベール系であること以上にポパ=ヒトールの子孫であることを重視した。彼の治世は54年に及び、祖を超えた超長期政権を築き、祖と同じく大帝と称された。

概要

マーキィ=ヒトールの子孫として生まれた。彼もまた祖と同じく怪我や病気に悩まされていたことや、同じく才気にあふれていたことから祖に対する思い入れも強く、ベール朝再興への意志が強かった。

その尊敬はしばしば祖の事績を模倣しており、彼もまた二刀流の使い手であり、また史上屈指の騎士であったという天性も含め、模されたほどであった。 結果、同じく心身の不幸もありながら、54年という祖もしのぐ長期政権を治めた。