パンノヒ

提供: rain-tree
移動先: 案内検索

パンノヒとは、ルーファンの政治家。国立科学情報技術局局長。史上最長で局長を務め、アイクシン派の最盛期を築いた。カルスラゲトクと並ぶ、またはそれを超えるルーファン史上最高の政治家、偉人と言われている。

概要

決して名門の出はなかったが、彼の故郷は偉人を多く輩出している地域ではあった。

政治家としての経歴もエリートとはいいがたく、地方から地道にキャリアを重ねていった人物であった。国政参加時も期待は低く、投票数もかろうじてのものであり、国民からも政治家からの注目もされているとはいいがたかったが、彼を引っ張ったアイクシンの長老は彼の非凡な素養を見抜いていた。

当初はまったく目立たなかった。アイクシン派にはエース格のリュパンソーがおり、支配的な存在感を示しており、彼は有象無象の一人であったが、リュパンソーが病気で療養にはいったことで長老に目を賭けられていたこともあり、急遽アイクシン派を重役となった。これが、のちのアイクシン王朝の契機と言われる。

彼の実力もさることながら、気運も味方し、彼はそれまでの経歴が嘘のように史上最年少で局長に就任することになる。 以降、彼はルーファン史上最も多く、長く局長を務めることとなった。その長きにわたる支配において、彼は類な稀な功績を上げ続け、ルーファン史上最高の偉人としてもはやアイコンとなったいたカルスラゲトクとしばしば比較された。


老年にいたっても功績を上げ続け、長らく籍をおいたアイクシンからテンサイトへ移ってからも局長に就任し、これ以降はカルスラゲトクを超えるルーファン史上最高の偉人と評されるようになった。